遺言書があるけど遺言書と異なる財産の分け方をしたい場合

遺言書と異なる財産の分け方は可能か

父が亡くなった。

父が生前に残していた遺言書が見つかった。

でも、相続人同士で遺言書に書いてあるとおりに財産を分けたくないと考えている。

このような場合、相続人が考えた分け方で財産を分割してもよいのでしょうか。

相続人全員で分割協議をして分割を決めることも可能

答えは、遺言書どおりに分割したくない場合には、相続人全員で分割協議を行い決定した分割方法によることも可能です。

その場合は、分割協議により決定した分割方法で相続税の計算を行うこととなります。

【無料】まずは資料請求から
「相続のことで悩んでいるけど、いきなり連絡するのはちょっと…」
そんな場合は、資料請求をご利用ください。 初めての方向けの相続に関する小冊子と当社のパンフレットをお送りいたします。
【初回無料相談】お問い合わせはこちらから

奈良、大阪、京都、兵庫での相続ならお気軽にご相談ください。
相続税、贈与税申告や相続対策に強い税理士が対応いたします。
070-5026-4145(担当:玉置)
受付時間 10:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

相続税
相続・遺言相談所 奈良
タイトルとURLをコピーしました