相続が発生すると誰が相続人になるの?

「もし自分の親が亡くなり相続が起きたら」、「もし自分が死亡したら」など、初めて自分の身の回りで起こる相続について考えた時、「誰が相続人になるんだろう?」という疑問に必ずぶつかります。

本章では相続が起きた時に誰が相続人になるのかについての基本的なルールと、その基本ルールが修正される「代襲」の仕組みについて解説します。

相続人になれる人は民法で決められている

相続人になれる人物は民法という法律で決められており、これを「法定相続人」といいます。

法定相続人として定められているのは「配偶者」、「子」、「直系尊属」、「兄弟姉妹」の四種類です。

配偶者は生きてさえいれば必ず相続人になることができますが、それ以外の種類は以下で示すように順位制になっており、上順位の者が生きていて相続人になれる場合、下位順位者は相続人になることができません。

配偶者・・生きていれば必ず相続人となる(順位関係なし)

第一順位・・子

第二順位・・直系尊属(被相続人の父母や祖父母など)

第三順位・・兄弟姉妹

例えば、被相続人の配偶者と子が生きていて相続人となれるときは、配偶者と子が相続人となり、下位順位の直系尊属や兄弟姉妹は相続人となることはできません。

被相続人に子供がいない場合に下位順位である直系尊属に相続権が移り、直系尊属もいない場合にやっと兄弟姉妹に相続権が移ってきます。

配偶者は特別扱いで常に相続人となることができ、順位制の者は被相続人に近い関係にある順に相続権を優先して与えられるという所に着目できますね。

以上は日本の相続における基本的なルールですが、場合によっては基本ルールが変更になることもあります。

民法では別に「代襲」というルールがあり、上述した基本ルールが一部修正されることがあるのです。

代襲はとても大事なルールですので次の項で見ていきましょう。

「代襲」のルールを押さえよう

「代襲」とは、一定の相続人となれる者が相続発生以前にすでに死亡している場合、もしくは※欠格や※排除によって相続権を失っている時に、その者の下の世代(子や孫など)が代わって相続人となれるルールです。

「代襲」が関係するのは法定相続人のうち「子」と「兄弟姉妹」だけで、他の法定相続人には関係しません。

例えば被相続人の子が相続発生前に死亡していた場合、前項の基本ルールでいけば下位順位の直系尊属に相続権が移るように思えます。

しかし、その「子」に下の世代(子・孫等)がいて生存している場合、相続権が当該下の世代で生きている者に引き継がれます。

このように、本来の相続人が死亡等によって相続できない時、その相続権を代襲して相続人となる者を「代襲相続人」といいます。

代襲相続人となる者がいない時に初めて、下位順位の法定相続人に相続権が移ります。

兄弟姉妹にも代襲ルールの適用がありますが、こちらは子の代襲と違い、一世代下の代(兄弟姉妹の子)までしか代襲が認められず、兄弟姉妹の孫は代襲相続人となることができません。

まずは基本原則となる相続人の順位制を押さえた上で、子と兄弟姉妹には代襲相続というルールがあり、そして子と兄弟姉妹では代襲できる世代の数に違いがある、というポイントを忘れずに覚えておいてください。

※欠格とは・・

例えば被相続人の生前に遺産目的で殺害を図ったり、脅迫して遺言書を書かせる、あるいは自分よりも上順位の法定相続人を殺害して相続権を得ようとするなど、重大な違法行為を働いた場合には、その者は法律上当然に相続人となることができなくなります。

※排除とは・・

例えば生前の被相続人を虐待したり、重大な侮辱があったり、著しい非行を行った時には、被相続人は家庭裁判所の審判を経て、または遺言によって法定相続人の相続権をはく奪することができます。欠格と違い、被相続人の意志によって相続権をはく奪するものです。

【無料】まずは資料請求から
「相続のことで悩んでいるけど、いきなり連絡するのはちょっと…」
そんな場合は、資料請求をご利用ください。 初めての方向けの相続に関する小冊子と当社のパンフレットをお送りいたします。
【初回無料相談】お問い合わせはこちらから

奈良、大阪、京都、兵庫での相続ならお気軽にご相談ください。
相続税、贈与税申告や相続対策に強い税理士が対応いたします。
070-5026-4145(担当:玉置)
受付時間 10:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

相続
相続・遺言相談所 奈良
タイトルとURLをコピーしました